年度末だからって・・・

 夕べ保育時間終了10分前に息子を迎えに行った。この時間帯の迎えは私は多いのだが、昨日は多かった。年度末だから?


 新年度に向けて保育園帽子に名札を縫いつける作業がある。週明けまでにしなければならないのだが、年中さん、年長さんくらいになると子どもから「早く付けてね」なんて言われ、あまりのしつこさにカチンとくる場合がある。


 夕べそんな光景を見た。そのママさんは強い口調で「年度末で忙しいんだから無理むり。出来る訳ないじゃん!」と無下にしている。

玄関口でその子が何か言ってるのにママさんはスマホばっかり見てピピやりながら、「うるさい」「しつこい」など、子どもの目を見ずにマイナス言葉を放ち、目はスマホ。


 わが子が靴を履くのを待っている間、あまりにも私自身が悲しくなり、「お子さんの目を見て言ってあげたらどうですか?聞いてるじゃないですか!」と、また叱る母ちゃん言ってしまった。


 ママさん、私の目を見る訳でなく、「良いんです。この子いつもしつこいので良いんです。」と。

 その子は私が一言言った途端私を見て、ニコッとした。私も心の中で「言ってやったぞ!大丈夫!頑張れ!」と言った。


 「僕はママのスマホになりたい」という歌があったなぁ。典型的な場面を見たなぁ。

年度末を言い訳にするなよ!一場面であって欲しい。いつもは子どもに尽くすママさんであって欲しい。

それが将来の子どもの指針であるから。