母子別床禁止令

 最近毎日数人のママさんから質問を受ける。


「夜間断乳をどう思いますか?」

「ねんねトレーニングってどう思いますか?」

「授乳していると眠りが浅いですよねぇ」 などなど。


 またか・・・。と悲しくなる。私の考えを述べる。長くなるかも。


 この間違った事を肯定して金儲けしている奴は誰じゃ!将来を全く見据えて言っていない。

子どもの人格形成や愛着形成時期を見ていない。


 写真を見て!


 人間は高等動物らしいが、現代はある本能以外は無能にさせ、いわゆる動物よりも下等化しているように思う。

私は科学者でないし、歴史研究家でもないし、動物博士でもない。でも今の子どもを取り囲む環境は母親さえも擁護しなくて良いんだ!と言っているように受け取る。


 時代が変わり、価値観や考えが変わり、女性が社会で活躍しているのはもちろん大歓迎だ。でも妊娠出産子育ての基本は人間の歴史が始まって以来変わらないと感じる。


 産後の母親は夕方が近づくにつれ不安を抱いた事はない?

 幼少期、真っ暗な部屋で目が覚めて不安になって「お母さん」と泣いた事はない?


 今の科学的根拠から言うと、母乳ホルモンは夜たくさん出る。と言われている。子どもの成長ホルモンも夜たくさん出る。と言われている。成長ホルモンは身体を成長させるよりも脳の成長発達にはたらいている。それには乳糖が必要栄養素だと言われている。だから定期的に乳糖補給をしないといけないので夜中に何度も母乳を欲する。

 欲したら、母親がそのたびに願いを叶えてあげる。それを続けていくと、「お母さんは私の願いを絶対満たしてくれるんだぁ」「お母さんから私は守られてる」「私の居場所はここなんだぁ」「私の居場所がわかるから離れてても不安はない」など、愛着形成、人格形成、自立心を形成されてくると見えてきた。口センサーと皮膚センサーを満たしてあげないと、母親は私を守ってくれないんだ!自分の身は自分で守れ!誰も信じられない!となり、身体は大きくなっても心が根無し草のようになっているように見受けられる。


 また、母親自身が言うのは、「しっかり眠れないから辛いし・・・」。何言ってんだ!

自己チューからそんな育て方を選択したんか!

母親となれば子供に尽くせ!と桶谷先生の言葉。子育てはきれい事ではできないし、表面だけママを装っても子どもは見抜く!


 我が子が幸せになって欲しいと思うのは大方の親の願いだろう。

 子どもと常にくっついている事で子どもの生きる力が分かってくる。

 反抗期になれば母親との添い寝を拒否してくる。みんな普通にこんな時が来ると思っているでしょ?

違うよ。

こうなるには、それまでにどれだけ一緒に寝るかがポイント!


 私の考えを書こうと思ったが、曲がったかも。とにかく反対です!子どもたちが苦労します!