やる気低下のその後

 長男の一言から頑張る気力がどん底まで落ちてからのその後。


 いつも困った時にアドバイスをくれるお姉さんがいるのだが、その人にボソッと話した。

「ご飯を作る時はおいしくな~れ!って思いながら作るとおいしさのエネルギーが高い!って昔聞いたじゃない。その時イライラしながら作ってたでしょ?」と。

 まさしく私の最近のご飯作りは時間との戦いで、台所に子ども達が何かを取ろうとして来た時には・・・「邪魔だ邪魔だぁ、私の動線をなぜにふさぐぅ!?」と怒る始末。だった。


 心改めよ。


 アドバイスを聞いて帰宅し、長男に話したところ、「そうだよ。鼻歌歌いながらご飯を作っていれば、自然に手伝いたくなるんだ。って本に書いてたよ。」と。


 ムカッ💢


 でも確かに。私の母親はよ~くご飯を作りながら歌ってた。子どもながらに母親の歌は安心感だった。私にはない姿だ。


 「ゆったり」という言葉は私にはしばらくないが、それでも「おいしくな~れ」と思いながら作っていきたいわ。

吹っ切れたのであ~る。