親友は厳しいぜ。

お盆が終わった。まだまだ夏休みは続くが折り返しに来た!世のお母さん達、あと少し、がんばりましょう!

 

 さて、そのお盆で実家に帰省した際に数年ぶりに高校の同級生で同じ助産師の道に進んだ親友と会った。近況を話し、子ども達の話をした。彼女も女の子3人のお母さん。

 

 「私自身子どもの言動、行動でイライラして仕方ないんだ。」と私が言うと彼女の一言がきつかった。的を得ているのだ。「あのさぁ、知ってる?子沢山の人って、ひとが出来てないから授かるんだって・・・。」と。

 

 グサッ。

 でもそれは最近すごく実感しているのだ。

 長女の方が懐が深く、誰でもかわいがれる人柄をしている。

 我が家のちび助、3歳過ぎて腹立つ事をよくしてくれる。腹立つ事は私が思うように動いてくれなかったり、泣きわめいてうるさかったり。感情で怒ったりするのが増えたと実感する。徐々にちび助が私を避けているのが感じられる。

 

 私はダメな奴だなぁ・・・。

今この人生をしっかりと向き合って行かないと、私はダメ人間で終わってしまうのかぁ?

 

 親友よ。ありがとう。あなたの人生の転換期を見守ります。時にはお互い良い意味で指摘しあって上がって行こう。