様々な思い

子供を10年で4人授かった。以来第1子から14年、一人で寝るとか子供が私のどこかしらに触れないで寝るとかという事はほとんどなかった。今私の隣には次女と次男が寝ているのだ。

 二人ともひどい寝相。深く寝られない。

 ところが!!

 夕べ、別の部屋で寝ている長女と寝る!と言って、二人とも長女の所に行ってしまった。

いやいや、きっとなんやかんや言って私の所に戻って来るだろうと思っていたのに、一向に来ない。終いには、寝たな!と感じる気が沈んだのが分かった。

 おいおい、寝ちゃったよ。

 しばらく眠れなかったが、自然と私も寝てしまった。

 

 朝だった。

 一人でゆったりと眠れた幸せ。「いてっ」と言いつつ育児を満喫させてもらっている幸せ。子供達の成長を実感した幸せ。そして寂しさ。

 

 自分優先ではない時がいつまで続くのだろう?と漠然とした不満やうっぷんがあったのだが、こんなにあっさりと来た夕べ。

通勤時、感慨ひとしおだった。

 

 育児、授乳中のママさん!必ず楽になる時が来るよ!それまでは子供に尽くしてね。尽くしたからこそじ~んと来たよ。

 なのにもう今夜は「お母さんと寝るぅ!」だってさ。ウヒヒ。

うれしや、いやや。