断乳しました!

7月14日に断乳をしました!

 最後の授乳があまりにもあっさりしていて、私の方が寂しくて、「ホントにこれで終わりなんだよ、良いの?」を何度繰り返したことか。

 再度飲みそうもないので、一人、別室でおっぱいに絵を描いて、しばらく息子の様子を見ていたら案の定「おっぱい!」と言わんばかりに抱っこされに来ました。でも、かわいい絵が威力を発揮し、授乳のおっぱいではなくなったと息子は自覚したのです。驚いた顔になり、下げていた私の服を上げてきました。

 でもまた見たがったので、しっかり見せようと洗面所に行ったら娘たちも見たいとやって来て、実際見て笑っていました。そこへ息子がやって来て、改めてしっかり見せたら息子まで笑ってくれ、笑顔で足元にまとわりついて来ました。

 

 当日の夜は30分泣いて、布団の上をゴロゴロしながら寝入っていきました。以降3時間ごとに20分泣いたのですがおっぱいを飲もうとせず、またゴロゴロして自然に寝入っていきました。

 

 断乳2日目。7/15。

 おっぱいが痛い!腕を挙げるのが辛い!抱っこが辛い!となったので少しだけ搾乳をしました。少し搾るだけでも楽になるのがわかりました。食欲が落ちました。

 息子は逆に今まで以上に何でも食べるようになりました。

 また夜です。私の胸はパンパンです。「痛い・・・」を連発。息子は眠いと20分泣いています。「飲ませたい・・・」

と思いましたが、今春断乳した息子より後に生まれた子供たちとそのママさんの顔が頭に浮かび、「私たちも出来る!」と自分に言い聞かせました。

 20分泣いて、ゴロゴロして、眠っていきました。朝まで起きませんでした。

 すっんご~い!!

 

 16日、保育園に登園し、先生に断乳報告。「表情が大人になった」、「発語が何となく言葉になっている」、「転ばなくなった」など、幼児になった変化を聞かせてもらいました。私自身も息子の顔が大人になったような気がしていたので、うれしいような寂しいような。

 そして今夜は全く泣きもせず、兄と姉に触られて寝入っていきました。

 私は今日先輩認定者に断乳処理をして頂き、体が楽になりました。事前に予約をしていたので、「あと何時間で楽になれるぅ!」と予約時間を励みに痛みに耐えられました。

 

 体が楽になり、息子もあっという間に自立してきたので、今回の授乳期間を振り返る余裕が出来てきました。

 年齢的に本当にこれが私の人生最後の授乳でしょう。こんな私がよく4人も授乳ができたものだとびっくり。感激。感謝。

 乳質を知り、その改善を目指して努力したこと。お陰で心身ともに丈夫に育ったし、今後も丈夫であろう子供たち。

親として健康という基盤を意図的にしっかり創ってあげられたと思います。今後、子供たちに何が起きようとも乗り越えられる踏ん張れる力をつけてあげられたと思います。

 桶谷式を知って、実践して、本当に良かったです。