年末年始営業のお知らせ

あっという間の12月です。年末であるという事を忘れていました。

 

 

,,

 

年末年始営業についてお知らせいたします。

 

 12月30日までは普段通りに営業致します。

 12月31日~1月2日休み。

 1月3日は問い合わせがありましたら営業。

 1月4日は休み。

 1月5日~普段通り。

 

以上です。お願い致します。

否定出来ない!

私は何でか4人も子供を授けて頂いた。本当に不思議で仕方ない。かつ、私は仕事が大好き!仕事が気分転換。

 でも仕事優先にしていると子供が荒れて来る。何となく、でも確実に、子供たちがピリピリしてくるのだ。

 父親が仕事優先では家の空気は変わらない。逆にのびのびしていたりする。

 

 母親との関わりが子供たちの一生に多大なる影響を及ぼす?何で私なの?何で母親なの?

 

この話は途中です。

もう少ししたら続きを書きます。

お待ち下さいませ。

頑張れる!

今日は二女の誕生日だというのに、私は小学生の頃から好きな小田和正さんのコンサートに長男と行って来ました。

 

若い時と今と、同じ曲を聴いても感じ方が微妙に変化しているのに気付きました。

良い!

「これで良いんだ!」「地道にやってけば良いんだ!」「自分の人生は自分でやってくんだ!」と、再認識。

行って、良かった。

 

私の席の前は通路。小田さん、ここを通るな、と思っていたら、中盤、案の定歌いながら歩いて来てくれました。

「小田さん、白内障入ってきてる?」と余計な事を観察してしまいました。ごめんなさい。

 

 それにしても。

 67歳になっても人に感動ややる気を起こさせてくれるって、すごいな・・・。年齢は関係ないとしても、人にプラスのパワーを自然と湧き起こさせるのって、すごいな・・・。

 私はママさんに育児への頑張る気持ちを湧き起こしているのでしょうか?

 意識せず、自然体で、思ったことをバカ話しながら聞きながら、明日もママさん達と過ごして行こうと思った2年ぶりの小田さんコンサートでした。

胸が張る

最近、たぶん、排卵があった。

それから、久しぶりに胸が張る感じがしているここ数日。夕べ、ふと思った。

 先月、自分の断乳後1年が経ったので、1年ぶりに手技を受けようと思って、お世話になっている先輩認定者に手技をして頂いたのだった。

 手技後、「奥」の流れが良くなったためだろう。現代流行のエビデンスで説明しろといわれても、現に身体が反応しているんだからいいじゃん。エビデンスでは説明出来ない事やものがこの世の中、いっぱいあるさ。事によってはそれで良いじゃん!

と思う私です。

お盆休み

今年のお盆休みは主人は仕事だったため、私一人で子ども達と日中過ごした。

 疲れたなぁ。

 長男の煮え切らない反応やチビの「泣けば済む」的な反抗期の大泣き。娘達は「暇だ、暇だ」と言いやがるし。あぁ、うるさいよぉ。

 仕方ないから、出掛けてあげた(上から目線)。

 

 園児、小学生、中学生と幅広い世代だと要求内容も異なる訳で、母ちゃんはみんなの要求全てに応えられない!行きたい所は連れてってあげるから、兄弟姉妹みんなで面倒見合うんだよ。と思っていたら、現地で、言われないのにみんなで遊んだり、個々に時間を過ごしていたり。

 

 子ども達大勢いて、私が助かった感じ。ありがとうさん。

 子どもは3人以上いると親が楽になるわぁ。授かった事に感謝。大変な事もあるけどね。でも、感謝。

長女の成長

長女は中学入学でバスケ部に入部した。部活動は何にするのかな?と見ていたらミニバスをやっていたのでそのままバスケ部と考えたようだ。

 

 仕事優先で、入学以降娘のバスケのプレーを観たことがなかった。今日初めて練習試合ではあったけど観戦した。

 観て、たまげた!

 上手になっているし、たくましくなっていたから。身長140cm、体重40kg以下のチビが、全身使って壁になったり、シュートしたり、ドリブルしたり、とにかくミニバスの時とは大違い。立派になったなぁ・・・。

 でも。

 声出さない。

 声出さないから過呼吸気味になっているのだ。ば~か。

 体育会系の私は、30年経ってもバレーボール部元部長の経験がつい、出てしまった。

 「おらぁ!声出せよぉ!」と体育館に通る自分の声。やっちまった。後で長女に叱られた。「お母さん、うるさいよ」と。

すまん。だって、チームメンバー同士の声掛けやいたわり、「私にボール寄越せ!」なんていうアピールがないんだもん。

 

 最後に、コーチの一言がグサッと来た。いたわりや感謝の声がない娘達に向かって、「お前達はやってもらっても感謝しないのか?今までどんな育てられ方してきたんだ!」。

 先生、すみません・・・。

8月6日に思うこと

今日は広島原爆投下の日。

子供を授かって以来この日を意識している私。

 

先日、NHKラジオ夏休み恒例の子ども科学電話相談で、小学4年生だったと思ったが、男の子が、「どうして命はひとつなのですか?」と質問していた。

 

鋭い・・・でも、答えられない。

 

ひとつだから大事なんじゃない?と、ブツブツ言っていた。

 

戦争でなんか人生終わらせて欲しくない。

「約何千人の死者」として扱われて欲しくない。

宝として大事に育てた子ども達。

それぞれの人生の役割を成し遂げて欲しい。

 

今日はいろんなことを考える母ちゃんの日です。

8月のお休み

我が家の子供たちは夏休みに入りました。一夏、弁当作り、頑張ります!

 

 さて、それに合わせ、私も8月はちょこちょこ休ませて頂きます。他にも半日休んだりしますので、ご用のある方は直接きらきらにお電話くださいませ。

 

 また、ホームページからの「問い合わせ」は、諸事情により消去させて頂きます。これまでにメール相談したのに、一向に返事がないじゃん(-.-) と思われていらっしゃる方がおられる

と思います。

 すみません!直接お電話くださいませ。

 

では、今の時点で決まっているお休みは・・・

  8月14日(木)、15日(金)、20日(水)、21日(木)、  毎週日曜日    です。

 

よろしくお願いいたします。

小学5年生に仕事紹介

またまたあっという間に時間が流れ、今日は雨の七夕様です。

 

 先日、ある小学校のPTA行事にゲストとして参加しました。

それはどんな行事かと言うと。

 5年生を対象に、いろいろな仕事紹介をし、その仕事を少し体験してみて、将来の仕事探しに一役立てれば良いなぁ・・・というイベント。

 約120名を1グループ8~10名に分

、20分で

 私は助産師として参加しました。赤ちゃんモデル人形と妊婦体験モデル人形と骨盤モデルをあらゆる所からお借りし、いざ!

 

事前に

あっという間に時が過ぎ。

3月がいつの間にか終わり、4月もばたばたしていたら終わっ

しまいました。                      性同一性障害の方のセミナーの感想をまずはお話します。  親として、もし我が子が自分の身体と心が一致していないとわかった時どうすればいいか。               お二人の話を聞いての私の結論は、親がそう感じたとしても本人が相談して来るまでは普通に関わっているのが一番良いと理解しました。                      第二次成長期の前後から本人が悩み、一人で乗り越えなければいけない時があり、その時はそっと見守っていた方が良いと理解しました。                      

 貴重なお二人のお話でした。これからも何かあったらお二人に相談窓口として紹介させていただこうとおもいました。

 素敵なお二人でした。

性同一性障害者の方との縁

性同一性障害の方、今度は男として生まれ、心は女性という方にも縁あって出会うことが出来、その方にも「ぜひ話してほしい!」とお願いした。

 それが再来週の14日に行う事になりました!

 

 先日、その方、佐藤さんとおっしゃるのですが、佐藤さんとランチを兼ねて3時間くらい話しました。

 今までの人生の苦労や悩み、うつ、女として生きていこうと決断したきっかけ。今現在の人生満喫感、医学的な疑問などなどいろいろ私からも質問させて頂き、ますますわからなかったり、疑問が解決したりしました。

 

 母ちゃんは、我が子が、自分の人生を自らの足で歩けるように応援するしかできないのです。

 もし我が子が心と身体が正反対だったら

心が体と違う性だったらどうする?

昨年から2人以上のお子さんを持つママさん方から、上のお子さんの好みについて相談を受けることが続いていました。

 それは、男の子なのにピンクや赤などを好み、妹が髪を結っていると本人もしたがったり、キラキラする物を好んだり。

 女の子の場合はスカートをはきたがらず、男の子とばかり遊び、好む色は寒色系。

 我が子はもしかして・・・?という相談です。

 私にはわからない世界。でも我が家の子どもたちも、4人もいれば1人はいるかも知れない「性同一性障害」。親はその時どのようにしていけば愛しい我が子が苦しまず生きていけるのか。

 また、イメージとしては、一般社会人になりにくい?なれない?夜の世界にしか職がない?な~んて思ったりして。

その仕事が悪いとか劣るとかではないのです。仕事の選択肢が狭まる印象が親としては悲しいのです。

 

 それで、アンテナを立てていたらそんな方と知り合う事ができ、話した事さえない方に突然「性同一性障害の話をして下さい!」とお願いしました。

 女性が男性になった方。男性が女性になろうとしている方。お二人とも私の意図する事を理解してくれ、快くセミナー開催を引き受けて下さいました。

 

 これからの時代、隠していく社会ではないのです。いろいろな価値観を認め合い、尊重しあい、壁のない社会にしてみんなで生きていく時代ではないかと思うのです。

 

 お二人の方のセミナー案内は「イベント」欄をご覧下さい。

参加ご希望の方は当相談室きらきらへお申込み下さいませ

味噌作りしたの。

 昨年からママさん方と手作り味噌を作っています。今年も大寒の頃に作ろうという話になり、場所と時間を設定し、センター試験の二日目の日に総勢17名のママさんとおばあちゃんで作りました。

 皆さんは4~8㎏の味噌を作りましたが、私は12㎏分を作りました。

 もうすぐ2歳の息子をおんぶしながら味噌玉を作りました。

 

 <感想>

 疲れた・・・でもこれで我が家の味噌ができる!おいしくな~れ!!!

 

 参加頂いた皆様。大変お疲れ様でした。来春以降、おいしい味噌となり、食卓に上がるのを楽しみにしていましょうね。

 また来年作りますので、ご参加下さいませ。

今年の目標

新しい年を迎え、心新たに全てにおいて心打ち込もうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 今年の私の目標は、

1.気分転換をする事

2.趣味をみつけ、行動する事

 

 独立してからそれまで以上に仕事が趣味になり、仕事以外は家庭の事でいっぱいいっぱいで、気分転換とか趣味なんて全く思いもつかなかった私。

 昨年末、元職場の同窓会があり、み~んなそれなりに仕事以外の事に心打ち込むものを持っていたのです。それでいきいきしているのです。

 焦りました。いや、今も焦っています。

 仕事が趣味は引き出しが少ない人になるような気がします。懐の深い、沢山引き出しのあるおばちゃんになりたいのです。 

 今年は絶対何かするぞぉ!!!