「助産師」という仕事紹介

 看護学校と助産師学校を共に過ごした友人から、友人のお嬢様が通われている小学校でいろいろな仕事を紹介する授業があり、それに私が話してくれないか?と夏の同窓会の時に言われていた。それが先日12月17日に実現。

 新潟市で一番児童数が多い学校らしい。小学6年生178名を前に45分授業をさせて頂いた。

 時間が余るなぁ。視覚に訴えた方が良いかなぁ。何を話そうかなぁ。

 依頼があってからの数週間、考えた考えた。助産師の先輩方にも相談し、赤ちゃん人形と妊婦体験モデルを体験してもらいながら「助産師」についての話をしようと考えた。

 

 当日。

 職員の方々のご配慮のもと、体育館で話した。

 「助産師」って何?何をするの?仕事で大変なことは何?

逆にうれしいことは何?どうしてこの仕事を選んだの?将来の夢は何?など、基本的な事と、「君たちは生まれて来たい!と、生きていける力を蓄えてから自ら陣痛を起こして生まれてきたんだよ!」と話した。

 助産師の願いは「命のリレー」をして欲しいんだ。生きていく力を持って生まれてきたのに自ら命を絶つという事はして欲しくないんだ。これからの人生辛いことや独りだなんて思うことがあると思うけど、必ず一人は側にいるからね。安心して大人になってね。みたいなことを話した。

 

 小学6年生は純粋だった。教えないのに赤ちゃん人形のゆらゆらする首をちゃんと支えて抱っこしていた。照れながら8㎏の妊婦体験モデルを着ていた男子。本当にかわいかった。

 

 後日、児童が書いた授業の感想文を先生に送って頂いた。

授業の日、家に帰って、自分の母子手帳を親御さんから見せてもらい生まれた時の話をした、という児童がいた。うれしかった。

 

 五体満足を親は勝手に望んでしまうけど、どんな子でも君たちは家族に笑顔をもたらす存在なんだよ。生まれてきてくれてありがとね。で、締めくくった。仕事紹介の話ではなかったような気がするなぁ・・・

息子と「九つ旅行」して来ました!

子供は九つまでは神様から貸して頂いているもので、十歳になったらようやく我が子になると言われているから、その九つの時に子供と1対1で旅行に行くと良いよぉ!と聞いて、第一子の時から実践している私。

 主人や子供たちに感謝して、長男とこの度決行した。

息子を寝台車に乗せたくて、上野発青森着の特急あけぼのに乗り、2泊3日の二人旅。

 反抗期になりかけている今、どんな感じになるかと不安だった。3日間心掛けた事は、「1.怒らない 2.欲しいというものは一定額未満なら買ってあげる 3.手をつなぐ」。

でもやっぱり反抗と投げやりな態度を取ったため怒ってしまったなぁ・・・

 

 弘前から五所川原へ。津軽鉄道に乗って金木へ。目的は「斜陽館」!高校時代に読みふけった太宰治の実家へどうしても行きたかった私。

 鉄道から観る景色。岩木山がきれいだった。線路脇にはリンゴの木が沢山あるし、案山子は立ってるし。

 案山子を見たらさだまさしの「案山子」が頭をよぎり、口ずさんでいたら、今こうして一緒にいる息子がいつかは親元を離れていくんだと思えてきて涙。

 アホや。

 

 斜陽館はその当時は周囲と全く不釣り合いな建物だっただろうなと異様な感じ。それでも斜陽館から観る景色は太宰も眺めたであろう景色なんだと思ったら感動。

 来て良かった。

 

 最大の目的を果たしたらあとは適当。夜は下北産の鮑のステーキなどを食べ、ホテルの朝食は最高で、でも疲労で食欲低下。

 三内丸山遺跡をチラ見して、新幹線と高速バスで帰宅した。

 

 最後に二人の感想は・・・

二人でいるのも良いけど、やっぱり何か物足りないね。家族みんなといるのが良いね。と結論。心からそう思った旅だった。でも、息子と二人もなかなか良かったよ。

白蛇だぁ!!!

先週、北区豊栄はお祭りでした。

 時間になるとのろしが上がり、耳を澄ますとどこかで笛の音が聞こえ、週末は山車が地域を練り歩き、とてもいい感じでした。

 土曜日16時ころ、手技を終え、「外がにぎやかだなぁ」と思ってふと外を見ると、頭が8個もある白大蛇!!!

 じゃじゃじゃ~~~。

 驚きましたが、縁起物と思って写真に撮りました。

豊栄祭りは地域に根差した素敵なお祭りでした。

夏は疲れた

長かった小学生の夏休み、心身ともに母ちゃんは疲れました。疲れすぎて、ろくにご飯を作らなかったら家族の波長が乱れてきました。

 そう感じた時に、かつてマクロビオテックの方が同じような事をおっしゃっていたのを思い出しました。その話を聞いた当時は、「ふ~ん、そんなもんかぁ。そんな事あるのかなぁ?」と疑問でしたが、実際本当に経験してみて自分を責めました。

「料理のできる旦那に仕込めば良かった」とか、「仕事セーブすれば良かった」とか、「自分が悪かった」とか。

 夏休みがもうすぐ終わるという頃からきちんと食事を作るようにしました。そしたら私のイライラが減り、家族も何となく落ち着いてきたようです。

 食事は大事。誰が作るかも大事。何をどんな雰囲気で食べるかも大事。すべて大事なんです。体感しました。

 

 9月に入って、冬に仕込んだ手作り味噌を食べることにしました。味に深みがないような気はしますが、それでもおいしいみそ汁を飲んでいます。

バスと電車

私は今年、自治会子供会の会長をしています。夏休みが始まって特に思うのですが、最近の子供たちは過保護というか上げ膳据え膳され過ぎているなぁ・・・と。

 たとえば。

 夏休みラジオ体操はたったの1週間しかやらないのですが、全部子供会役員が先導に立ちます。しかもたった1週間しかやらないのに!「頑張ったねぇ」と、景品を渡します!

 アホちゃいますかぁ!!!

 SLだぜぇ!

 

続きを読む

連絡を下さ~い!

連絡をお願い致します。

 

7/29にホームページから問い合わせを頂いた「1歳8ヶ月でこの秋おぱいをやめようと考えているが、おっぱいが大好きで、夜4~5回授乳をしている」というKさま。

返信をしたのですがエラーで戻ってきます。

困りました。

どうぞ、相談室の方へ直接ご連絡下さいませ。

よろしくお願い致します。

 

断乳後1週間

断乳後1週間が経過。4日目から一人で泣きもせず、夜通し寝てくれます。私は楽になりました。

 でも、母乳の免疫が行かないこともあってか、息子はおとといから熱を出しています。ぐずぐずです。抱っこされに来て、夕べ、難儀だったのかおっぱいを飲みたい時のしぐさをしてきました。

「おっぱい、ないよぉ」と私も寂しく言いました。

 風邪の時のおっぱいは本当に良かった。便利だった。何も食べたくなくても母乳で水分・栄養・滋養強壮になったんですもの。それが今はない!!

 おつゆかけごはんとお茶とかぼちゃの煮物を今朝食べさせました。

 

 断乳して晴れ晴れとした気持ちだったのに、今回の熱発で少し授乳への未練が湧き上がってきている私です。

マジカル抱っこ

不定期ではあったけれど、当相談室で開催していた「マジカル抱っこ」セミナーは7月をもって終了させていただきます。

 講師の相田さんがご家庭の都合で県外へ引っ越しされることが決まったからです。

 残念です。

 が、相田さんには新天地でまた頑張って欲しいですし、きらきらはまた新しいセミナーを探します。

 新企画にご期待下さい!

 

 また、現在こちらで行っているセミナーはきらきらにいらしていない方でも参加OKです。初めて行く所に一人で参加するのは心細いでしょうから、お友達を誘って、ぜひご参加下さい。

 大歓迎です。お待ちしています。

断乳しました!

7月14日に断乳をしました!

 最後の授乳があまりにもあっさりしていて、私の方が寂しくて、「ホントにこれで終わりなんだよ、良いの?」を何度繰り返したことか。

 再度飲みそうもないので、一人、別室でおっぱいに絵を描いて、しばらく息子の様子を見ていたら案の定「おっぱい!」と言わんばかりに抱っこされに来ました。でも、かわいい絵が威力を発揮し、授乳のおっぱいではなくなったと息子は自覚したのです。驚いた顔になり、下げていた私の服を上げてきました。

 でもまた見たがったので、しっかり見せようと洗面所に行ったら娘たちも見たいとやって来て、実際見て笑っていました。そこへ息子がやって来て、改めてしっかり見せたら息子まで笑ってくれ、笑顔で足元にまとわりついて来ました。

 

 当日の夜は30分泣いて、布団の上をゴロゴロしながら寝入っていきました。以降3時間ごとに20分泣いたのですがおっぱいを飲もうとせず、またゴロゴロして自然に寝入っていきました。

 

 断乳2日目。7/15。

 おっぱいが痛い!腕を挙げるのが辛い!抱っこが辛い!となったので少しだけ搾乳をしました。少し搾るだけでも楽になるのがわかりました。食欲が落ちました。

 息子は逆に今まで以上に何でも食べるようになりました。

 また夜です。私の胸はパンパンです。「痛い・・・」を連発。息子は眠いと20分泣いています。「飲ませたい・・・」

と思いましたが、今春断乳した息子より後に生まれた子供たちとそのママさんの顔が頭に浮かび、「私たちも出来る!」と自分に言い聞かせました。

 20分泣いて、ゴロゴロして、眠っていきました。朝まで起きませんでした。

 すっんご~い!!

 

 16日、保育園に登園し、先生に断乳報告。「表情が大人になった」、「発語が何となく言葉になっている」、「転ばなくなった」など、幼児になった変化を聞かせてもらいました。私自身も息子の顔が大人になったような気がしていたので、うれしいような寂しいような。

 そして今夜は全く泣きもせず、兄と姉に触られて寝入っていきました。

 私は今日先輩認定者に断乳処理をして頂き、体が楽になりました。事前に予約をしていたので、「あと何時間で楽になれるぅ!」と予約時間を励みに痛みに耐えられました。

 

 体が楽になり、息子もあっという間に自立してきたので、今回の授乳期間を振り返る余裕が出来てきました。

 年齢的に本当にこれが私の人生最後の授乳でしょう。こんな私がよく4人も授乳ができたものだとびっくり。感激。感謝。

 乳質を知り、その改善を目指して努力したこと。お陰で心身ともに丈夫に育ったし、今後も丈夫であろう子供たち。

親として健康という基盤を意図的にしっかり創ってあげられたと思います。今後、子供たちに何が起きようとも乗り越えられる踏ん張れる力をつけてあげられたと思います。

 桶谷式を知って、実践して、本当に良かったです。

断乳 No.2

6月29日に息子の断乳をしようと小さいおっぱいではあるけれどそれでも乳質改善に毎週手技に通って、食事も気を付け、やめる週は3日連日手技を受けました。

 桶谷先生はお母様方に断乳前1週間手技に通って頂いたと聞いています。この仕事に就いたからこそわかるのですが、授乳期間にできたうっ滞している乳腺や白斑があるおっぱいは断乳後やっぱり搾り切れません。しかも古い乳汁なので組織に吸収されにくいようです。

 そうならないように日ごろからの手入れが大切なのだと痛感します。

 また、最低3日手技すると母乳の色(おいしさ)や乳房に良い変化が現れます。自分でもわかります。

 

 1日8回以上、しかも定期的にメンテナンスを受けた母乳を飲んで、更に最高級品の母乳でやめてあげるのも息子への餞別です。

 脳が満足してくれるからこそ子供はその日その時を境にきっぱりやめられるのです。

 

 と、長々つぶやきましたが、結局うちの息子は断乳1週間前と3日前に熱を出してくれ、2週間延期とし、海の日のころ、今度こそ決行しま~す。

今年は梅雨入りが遅いですね。「こんなんで大丈夫なのかしら?」と思いながら、毎日良い天気の下で洗濯物を干してくる私です。

 自宅からきらきらへ来る道中、麦畑が2か所あります。田んぼの緑の中に「小麦色」の麦畑。

 稲の緑とは対照的だけれど、とても素敵な色。

 

 麦を見ると漫画「はだしのゲン」の中のゲンの父親の言葉を思い出します。「踏めば踏むほど強くなる麦」。

私の実家は麦は栽培したことがありません。だから麦のことは私自身何も知りません。その漫画を読んで知ったことでした。

 

 以前、「はだしのゲン」を大人買いして一気に子供たちと読みふけりました。子供たちは繰り返し読んでいますが、今度、それをきらきらに置こうと思います。興味のある方は読んでみて下さい。

 

整体とプレゼント

きらきらでの整体営業日が決定しました!詳しくは新設した「ピュアクローバー」の項をご覧ください。

 

 さて、今月は私の誕生月。もう誕生日は過ぎました。お陰さまで健康で、充実した人生を歩ませて頂いています。

 誕生日の日、「お母さんお父さん、ありがとうございます。」と、一人で自分の誕生日を心の中で祝っていました。一緒に住んでいる家族は言葉すら掛けてくれませんでした。

悲しいを超え、情けなくなり、「私だって家族の誕生日なんか祝ってあげねぇ!」といらいらしました。

 この感情はまだ1週間経っても引きずっている状態です。

情けない。悲しい。

 と、そこへ、昨日、いつも来て下さっているママさんが、「大島さん、誕生月ですよね。おめでとうございます。これ!」と言って、おっきな素敵な花束を私に下さるではありませんか!!!

 ひえ~~~~!!!

 ありがとうぅ!!!(涙涙涙・・・)

 

 本当にありがとうございます!

 

 自宅に持ち帰り、何も言わず、ガラスの花瓶に生けて飾りました。夫はそれが目に入っているはずなのにな~んにも反応がありません。

 「ふん、私のときめきの人からもらったのさ」と言ってやりたい昨日からの私の気持ちです。

断乳

我が家の第4子。もうすぐ1歳5か月です。保育園に行ってからたくましくなりました。よく食べます。上の子供たちに立ち向かっていきます。立派です。

 夜中のおっぱいはしっかり飲んでくれます。おっぱいを飲みたくなると私の足元にささっと入って来て横になり、「おっぱい」と言うように私の胸元を手でとんとんしてきます。

 かわいいです。

 でも、すっかり幼児になってきました。本当はおっぱいがなくても生きていけるオーラが出てきました。

 それで決断!今月、私は断乳します!

あ~あ、人生の中の幸せの一つである授乳を終えるのは寂しい!でもフルに女の機能を発揮させていただきました。

誰に言うともなく、神様、ご先祖様、母親、主人、子供たち、周囲の方々、あらゆる方々に感謝です!

 

 今は食事に気を付け、ひたすら飲ませ、手技に通い、断乳準備をしています。おいしいおっぱいで終わらせたい。

 断乳のレポートを来月載せさせていただきます。

 

 断乳を考えているママさん!決行する前にご相談くださいね。計画的断乳の素晴らしさを一緒にやってみませんか?

 

きらきらでの整体が再開します!

ようやく暖かくなったかと思ったらまたすぐに肌寒くなり、体がついていけません。

 この春は春と言える日が少ないまま梅雨に入っていくような感じなのでしょうか。

 

 初春に泣く泣くちかちゃん整体をお仕舞いにさせ、「でもやっぱり均整法の整体は効果があるよなぁ」、「このママさん、整体を受けると身体が楽になって、心も楽になって、赤ちゃんと向き合えるだろうなぁ」と思っていて、均整法整体師さんを切望していました。

 

 求めれば与えられるのです。

 均整法整体師さんが現れました!土田さんという方です。

私やちかちゃんにはないキャラ。とても丁寧!一緒に時間を過ごすので、ママさんとおしゃべりしつつ土田さんの立ち居振る舞いや接客方法をチラ見して自分に活かそうと今から思っています。

 

 いつからやるか?

 今でしょ!

 ではないで~す。

 

 土田さんと相談ですが、6月から平日常勤していただくと思います。子連れOKですので、いつでもお声掛けて下さい。女性でしたら、ママさんだけでなく、年齢関係なく、近隣の方もお申込み下さいませ。詳細が決定しましたらすぐに掲載します。お楽しみに!

オーガニックコットンの服

縁あって、フェアトレードでのオーガニックコットンを使った赤ちゃんの肌着と婦人用インナー・服をきらきらで取り扱うことになりました。

いろんな事をきらきらはするなぁ・・・と私自身が不思議で仕方がないのですが、とても良質な商品で、肌の弱い人はもちろん、「フェアトレード」、「オーガニックコットン」、「天然色素」などに興味のある方はぜひに着てみて下さい。

 

「ジュアナナ」という会社の商品で、「生成りのこだわり」と「染色のこだわり」と「縫製のこだわり」を三本柱として商品を作っているそうです。(リンクしました。)

 

 染色は天然の花や葉、果物や野菜の皮などから抽出し作成した染料と安全な反応染料を使用しているそうです。(すばらしい!)縫製の工夫も沢山あって、説明を聞いて、「そこまで配慮するのぉ?でも、そうそう!我が家の子供たちも縫代がチクチクするとかよく言っていて、面倒な時期があったぁ!」と納得した縫製方法です。

 実物を手にし、見ると、柔軟剤でごまかさない柔らかな生地ときれいなやさしい色。着るとあったかいのが実感。某メーカーの石油系の温さとは違う!

 今は婦人物がメインだそうですが、近く、赤ちゃんと子供の肌着を作るそうです。早くできないかなぁと待ち望んでいる私です。

 

 きらきらで購入できますし、ネットからもできます。これからの季節、きれいな薄紫の半袖を私も買おっかな。

桜は散ったけれど・・・

桜が咲き、寒い気温が続いたお陰で長い期間花見ができた今年の春。

昨年、きらきらの近くのお宅に立派なしだれ桜があることを知り、今年の「たまに日記」に載せよう!と昨年から思って いました。

写真がそれです!

写真では素敵さが十分伝えられないわぁ。

また来年、通りすがりで愛でさせていただきます。

 

近くの福島潟では菜の花が咲きほこっています。

きらきらの前の通り沿いの木の中に、はなみずきの木があり、日ごとに白い花が大きくなってきています。

 

今年の春は寒いので、花見しながらお弁当という事ができなくて残念です。

春風ターシャさんとまこちゃんご来店!

小雨の降る4月24日16時~腹話術師の春風ターシャさんとまこちゃんがきらきらに来て、親子総勢30名を超す参加者の中、楽しい時間を作ってくださいました。

3歳くらいのお子さんが一番食いついて観ていました。

 

人を楽しませるのはすごくパワーがいります。

でも、人が喜んで下さるなら、ユーモアのない私でも、パワーを振り絞って頑張ります。頑張れます。

 

これからも、支援センターとはちょっと違う、気楽に参加できるイベントを企画していきます。

ご期待くださいね。

私自身もこれからどんな企画をしていくのか楽しみです。

きらきらでのベビマ風景

今日はとても天気が良い中、きらきら相談室内では沢山の赤ちゃんとママがベビーマッサージをしています。

蛍光灯は点けず、自然光の下、にぎやかにやっています。

 

マッサージ。

気持ち良いのよねぇ。

 

我が家の小学生は成長痛なのか、たまに足が痛いと私に言ってくるのです。

撫でてあげれば子供も喜ぶのがわかっているのに、忙しかったり、自分に余裕がないと子供にしてあげられない現実。

用事は後にしてマッサージしてあげれば、どんなに親子関係がスムースになるか・・・わかっているのに・・・

 

小さい時にどれだけ手を掛けてあげるか!

小さい内がお互い素直になれますし、今後の関係が良くなると思いますので、ぜひ、沢山なでなでしてあげて下さい。

よかったら当相談室でのベビマに参加されて下さいませ。

腹話術師さんがやって来ます!

 きらきらに来ていただいているママさんのお母様が腹話術を教えられるほどの腕前があると先日聞きました。

その方が今度、腹話術の研修が近県であり住まわれている九州から来るので、その足でお孫さんに会いに来て数日滞在する、とも。

 

閃いた!きらきらでもやって欲しい!

 

貴重な時間を申し訳ないですが私の相談室で腹話術をやってください!とママさんを通してお願いしたところ快諾してくださいました。

 

交通安全の腹話術しか見たことがなかった私。

私が一番楽しみにしているかも知れません。

 

という事で、2歳くらいからのお子さんが見れるようにとわざと遅い時間にして頂くことにしました。

小学生もOKですよ。

大人も子供も一人100円でご参加ください。

参加しようかな、と思われる方は人数把握をしたいので事前に当相談室にお申込み下さいね。

詳しくは「イベント紹介」をご覧ください。

断乳時期です。

春になり、断乳シーズンが始まりました。

桶谷式では断乳の時期をはっきり述べています。

 

子供の条件

1.しっかり歩いていること

2.大人の言う事がわかっていること

3.体調が良いこと

ママの条件

1.季節が安定していて、落ち着いて断乳を過ごせる時

2.月経ではない時

3.おっぱいトラブルがない時

4.体調が良い時

 

以上のことから、時期は4月~梅雨入り前で、子供の月齢が1歳4か月~2歳くらいまでを進めています。

 

「こんなにおっぱいが大好きなのを無理に止めなくても・・・」とか、「(ママが)止められない。寂しい。」

とか、「おっぱいがあるとぐずった時に便利なんだもん」

という声をよく耳にします。

 

哺乳動物をごらんなさい。

ちゃんとやめる時期にやめているじゃないですか!

人間だけです。

子供をしっかり見てみてください。

本当はおっぱいなくてもやっていけるのです。

幼児になりたがっているのです。

大好きならいつまでもやっていて良いのですか?

極端に言えばそれが小学生になるまででも良いのですか?

たまに小学生でもおっぱいを飲んでいる子がいます。

また、男の子はいつまでもおっぱいが好きです。

 

成長の発達課題をさせてあげましょう。

 

「おっぱいが止められない。」、「この子はやめられるの?」、「止め方は?」など、1歳半前後のお子さんをお持ちの方は是非一度ご連絡下さい。

 

ズバッと止められるかまだ飲ませた方が良いかアドバイスをしますよ。

って、怖いかな?

きらきらから見える景色

今日は久しぶりに快晴です。

お店の緑色のロールカーテンを開けると、道路挟んでの建物は気にならず、駅通りとは言えそれほど人通りは少なく、それよりも広い空が見え、とても気持ちが良いのです。

 

余りの気持ち良さに窓拭きを先ほどしました。

 

春は環境が変わる方が多い季節ですね。

変化に不安を感じている場合もあるかも知れませんが、気分一新、今日の天気のように、晴れ晴れとした気分で進まれて下さい。

素敵な出会いがありますよ。

 

これまで、きらきらで整体をして下さっていた田村さんも環境を変えるという事で、当店での整体は今月をもって終了とさせていただきます。

とてもとても残念ですが、彼女のこれからの発展が楽しみです。

ちかちゃん、人生楽しもうね。

いつの間にか、春です。

 新年を迎え、寒かった冬を乗り越え、気が付けば3月。

セーターを脱いで、薄い服になりたいな。

 気分一新、3月から新しいセミナーなどを企画しました。

興味のある方は「イベント」をご覧になり、参加申し込みの連絡を下さいね。お待ちしています。

 

 

 

お絵かき中