はじめまして。助産師の大島克子です。


母乳育児相談室きらきらは桶谷式おっぱいマッサージを通じて楽しい育児をしていくための相談室です。全てのお母さんの見方です。

 

 

 

子供を産めばすんなりと真の母親になれるものではない!というのが私自身の育児経験からの実感です。

 

産んでからが自分という者の試される時でした。

 

第一子の時の育児ストレス、一種の引きこもり。

 

第二子のおっぱいトラブル。乳腺炎をきっかけに桶谷式乳房マッサージを受けてみたら乳腺炎の痛みはほぐれ、それまでの育児ストレスも薄れ、また子供と向き合おう!と思えた爽快感。

これだ!!という直感から今に至っています。

 

楽しい母乳育児になるようにお手伝いをさせて下さい。

おいしい母乳を飲む満足そうな我が子を抱っこしながら、何とも言えない感情を一緒に味わってみませんか?

 

「全てのお母さんの見方になりたい」という思いから生まれた相談室です。


子供を産めばすんなりと真の母親になれるものではない!

というのが私自身の育児経験からの実感です。

 

産んでからが自分という者の試される時でした。

楽しい母乳育児になるようにお手伝いをさせて下さい。

 

おいしい母乳を飲む満足そうな我が子を抱っこしながら、何とも言えない感情を一緒に味わってみませんか?


母乳育児相談室きらきらは桶谷式おっぱいマッサージを通じて楽しい育児をしていくための相談室です。


例えば、、、こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 乳腺炎を繰り返す
  • 痛くないおっぱいマッサージってホント?
  • 赤ちゃんがよく泣く
  • おっぱい足りてる?
  • ママの体調相談
  • 家族の悩み相談
  • うちの子ども成長発達大丈夫?
  • 離乳食って5~6ヶ月からなの?
  • 離乳食食べてくれない

楽しい母乳育児になるようにお手伝いをさせて下さい。おいしい母乳を飲む満足そうな我が子を抱っこしながら、何とも言えない感情を一緒に味わってみませんか?


先ずはお気軽にお電話にてご相談ください

(受付時間:月~金 10時~17時)

TEL  025-290-7807


年度末だからって・・・

 夕べ保育時間終了10分前に息子を迎えに行った。この時間帯の迎えは私は多いのだが、昨日は多かった。年度末だから?


 新年度に向けて保育園帽子に名札を縫いつける作業がある。週明けまでにしなければならないのだが、年中さん、年長さんくらいになると子どもから「早く付けてね」なんて言われ、あまりのしつこさにカチンとくる場合がある。


 夕べそんな光景を見た。そのママさんは強い口調で「年度末で忙しいんだから無理むり。出来る訳ないじゃん!」と無下にしている。

玄関口でその子が何か言ってるのにママさんはスマホばっかり見てピピやりながら、「うるさい」「しつこい」など、子どもの目を見ずにマイナス言葉を放ち、目はスマホ。


 わが子が靴を履くのを待っている間、あまりにも私自身が悲しくなり、「お子さんの目を見て言ってあげたらどうですか?聞いてるじゃないですか!」と、また叱る母ちゃん言ってしまった。


 ママさん、私の目を見る訳でなく、「良いんです。この子いつもしつこいので良いんです。」と。

 その子は私が一言言った途端私を見て、ニコッとした。私も心の中で「言ってやったぞ!大丈夫!頑張れ!」と言った。


 「僕はママのスマホになりたい」という歌があったなぁ。典型的な場面を見たなぁ。

年度末を言い訳にするなよ!一場面であって欲しい。いつもは子どもに尽くすママさんであって欲しい。

それが将来の子どもの指針であるから。

新生活

 我が家の長女はこの春から高校生になる。不安な事もあるように見えるが、スマホ解禁になった事で調子こいてる方が目につくため、スマホについては4月いっぴから厳しくしようと考えている。


 この春、新生活を迎える母子の皆さま。今が一番不安でしょう。分かる分かる。経験済み!


 でも心配せんでOkよ。母ちゃんの不安は子どもにも伝わっているから、何とかなる!何とかする!先輩母ちゃん達がやれてるんだから自分もやれる!とふわぁっとしててね。で、子どもとおっぱいでくっついていてね。


 新生活と言えば。

 子ども3人連れてご主人様の仕事で福岡に引っ越したママさん。そちらに行って1週間くらい経ったかな?

元気?新居は快適?片付いた?

住めば都。ドシッと母ちゃんが腹据えてやってれば子どもも地元に根付くよ。

新潟の地から応援しているよ。

母ちゃんとしてがんばろうな。


今回のお花。

クロモジ、ダリア、ラクスハロー、谷渡り


茶話会ご参加ありがとうございました

 開催時間直前にザーッと雪が降り、「わ。困った!」と思ったけれど、「いや、大丈夫!晴れる!」と念じ、みんなが来る頃、ほ~ら、晴れてくれた。

良かったわぁ。


 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

メインに話して下さったAさん、緊張させたけれど大変ありがとうございました。お知恵拝借いたしました。


 なんでもそうだけれど、最後は母親の気持ちや考え次第だとかんじました。

 3歳になってもオムツをしているのはおかしい。

 急に箸を持てる訳がない!成長には段取り踏んで進むもの。段取りを知っているとスムースに運ぶんだな。

 でも、それには母親の手間が掛かる。手間を惜しんではいけない。


 今の育児の風潮は、「無理しなくて良いですよぉ」、「楽しても良いですよぉ」、「任せても良いですよぉ」。など、甘い!

夜間断乳についての私の見解を以前述べたが、いつ子どものために子どもの視点に立って子どもの事で必死にやるの?

芸能人がやってるから正しいの?

ばあちゃんが言ってるから正しいの?

大勢やってるのが正しいの?


子どもの視点に立って、己の子どもとの向き合い方を見つめ直していただきたい。


 今日は小学校の卒業式だった。私はPTAとして列席させていただいた。

 新1年生の時から知っている児童が、こんなに成長したんだな・・・と思うと感慨深く、わが子の時とは違う感動と喜びがある。だから、案内を学校からいただくとつい「出席」と返信してしまうのだ。


 で、ふと、校歌斉唱していて思った事があった。


 私、自分自身の小学校母校の校歌よりも長く子ども達のお世話になっている小学校校歌の方を歌っているんだよ!と。

そりゃあ覚えるわよね。

中学校校歌は全く覚えていないし、耳慣れていないんだよなぁ・・・。


 卒業生よ、いろんな経験をしてね!